中学受験専門 プロ家庭教師ノア|受験生3000人の成績を上げた先生が立ち上げた日本受験研究所

ノア式予習シリーズ学習法 理科 熱の対流

ここでは熱の対流について解説していきます。 
 
熱を蓄えた気体や液体が移動することで、熱を他の物質に伝えることを対流といいます。 
 
これは身近な例で言うと、お風呂に入った時、下の方がぬるく、水面に近いところが熱い、という経験があると思います。 
 
これは対流熱が原因です。 
 
物は温めると膨張します。そのため、水もお湯になるときに膨張しますが、お湯がぼう張する時に周囲の冷たい水を押しのけ水面に向かって上昇していきます。すると、お湯に押された冷たい水は底へと移動していきます。 
 
この温かいお湯と冷たい水の移動によって渦が生まれ、これが対流となります。 
 
この動きは気体でも同じことが起こり、温かい空気は上に、冷たい空気は下に移動し温度差が生まれます。 
 
対流は液体・気体が移動するときに起こる現象であり、固体には起こりません。