中学受験専門 プロ家庭教師ノア|受験生3000人の成績を上げた先生が立ち上げた日本受験研究所

ノア式予習シリーズ学習法 理科 天気図と天気記号

天気図とは、さまざまな気象現象を把握するために、地図上に天気、地表における気圧、気温、湿数などの値を記入した図のことです。 
 
これらの天気図で表される天気のようすにはルールがあり

➀高気圧の中心付近や東側では天気が良い
➁高気圧におおわれても、その南側や西側では天気が悪いことがある。
➂低気圧の近くでは天気が悪い。
➃前線近くでは天気が悪い。
➄台風が近づくと、雨・風ともに強くなる。
➅天気のようすを決める高気圧・低気圧・前線などはほぼ西から東へ1日に500~1000kmくらい移動する。そのため、日本付近の天気は、西から東へ変化する。