中学受験専門 プロ家庭教師ノア|受験生3000人の成績を上げた先生が立ち上げた日本受験研究所

漢字は意味を考えて覚えましょう

中学受験生のみなさんこんにちは。

中学受験専門プロ家庭教師ノアから中学受験国語に関するお話をします。

漢字の意味と部首名をしっかり理解しましょう。
 
例 「雪山と青空のタイショウが美しい」
 
タイショウの部分は、同音異義語としても学習した「対照」という漢字に」なります。
 
「照」の部首は「れんが」となります。
 
「話し合いでイギを唱える」
 
イギの部分は異なった意見を言うという意味になりますので「異議」という漢字になります。
 
「議」の部首は「ごんべん」となります。
 
「観光で町のハッテンを促(うなが)す」
 
ハッテンの部分は「発展」となります。
 
「発」の部首は「はつがしら」になりますね。
 
 
このように漢字問題は意味でしっかりとらえることが何より重要となります。
 
意味でとらえると同時に部首名もしっかりと覚えていきましょう。