中学受験専門 プロ家庭教師ノア|受験生3000人の成績を上げた先生が立ち上げた日本受験研究所

ノア式予習シリーズ学習法 理科 百葉箱の仕組み

学校にある百葉箱が白で塗られていることや
 
あのような形をしている理由を知っていますか。
 
百葉箱は気温をなるべく直射日光や雨などの影響が
 
ないように測るために考えられてつくられているのです。
 
そのため、
 
外側は日光を反射させるために白く塗られており、
 
風通しをよくする為に戸をよろい戸にしているのです。
 
扉の位置は直射日光の影響を受けにくい北側に向いています。
 
中に換気扇のようなものが入っていて、
 
風通しをよくすることができる百葉箱もあります。
 
百葉箱は地面からの照り返しを防ぐために芝生の上などに置きます。
 
百葉箱の中には様々な計測機器が入っています。
 
温度計(最高温度計、最低温度計、自記温度計)、
 
かんしつ球しつ度計などが入っています。
 
気温を計る高さは1.2m~1.5mと決められているので、
 
百葉箱を置くときにはこの条件を満たす必要があります。
 
また、まわりには
 
地中温度計、雨量計、風速計などが置かれています。
 
百葉箱の工夫されているところ、
 
計測しているものをしっかりと押さえておきましょう。