中学受験専門 プロ家庭教師ノア|受験生3000人の成績を上げた先生が立ち上げた日本受験研究所

ノア式予習シリーズ学習法 理科 湿度

夏の暑い日、コップに氷水を入れておくと、
 
周りに水てきがつきます。
 
これは、空気の中に含まれている水蒸気が、
 
冷やされて水に戻ることで起こる現象です。

 
 
 
空気中に含むことができる水蒸気の量は、
 
気温によって決まっていて、気温が高いほど多く含むことが出来ます。
 
 
 
この空気に含むことの出来る水分の量をしつ度といいます。
 
 
 
しつ度は晴れた日ほど低く、雨の日ほど高くなります。
 
しつ度と気温の関係をしっかりと覚えておいてください。